大宮アルディージャのサポーター目線で気がついたことなどを思いのままに記録しています。

orange united

Season 2014 サッカー解説 大宮アルディージャ

金田喜稔氏:ラドンチッチはチームのブレーキ!

更新日:

2014.03.15 J1第3節川崎F×大宮 解説者金田喜稔氏コメントまとめ

最高の勝利。火曜になってもその余韻は冷めません。
川崎F戦。スカパー!で解説していた金田喜稔氏のコメントをまとめておきます。

家長はもっとできる子

家長を見ているとノラリクラリとやっている。それでもやれる選手。

家長が走らないって言いたかったのかな?やれる選手なんだから、もっと走れと…。

ラドンチッチもズラタンも高さも強さもある。
彼ら二人にボールがおさまって、
渡邉大剛と家長が回りにいたら結構選択肢が広がる。

特にラドンチッチにボールがおさまらないことを指摘していました。
もっと収めないと攻撃できないと…。

ラドンチッチがターゲットとしておさまらないシーンがある(多い)。

と、思ってたら言ってました。コンディション不良なのかなぁ?

アタッキングサードで自ら一人で行けるのが家長。
キックフェイントをいれて、ディフェンダー二人をかわしている。
こういうのを観たかった。家長(のプレー)には。

一点を先制した時のコメント。すごかったな、あのゴールは。

こういうプレーを自分で作っていってほしい。できるんだから。

再度、家長の実力を認めながらも、どこか戒めている雰囲気でした。

今井、いいんじゃないか。あれだけ寄せられるし、自信を持ってやっている。

後半。たしかレナトと一対一になった場面。今井には肯定的な見方をすることが多い金田氏でした。

自分で行けばできるんですよ。そういうチカラを持っているんですから、ヨンチョルは。

家長と同じようなコメントですが、ヨンチョルの実力も認めています。預けすぎというのが金田さんの印象なのでしょうか。ヨンチョルに勝負させるのは、ベルデニックと大熊さんとでは大きく違う点ですね。

ラドンチッチはボールが収められない

ラドンチッチはチームのブレーキになっている気がする。
大熊さんは我慢して使い続けている。監督の狙いは?

試合終了後の監督インタビュー。ストレートな質問ですね。
これに対して大熊監督のコメントは次のとおりでした。

我慢も必要。強さはある。安易にダメだから外すというわけじゃない。控えの選手が出てこないと。

大熊監督にナイスミドルと褒める金田氏

試合終了後のインタビュー。金田氏は、最後にこんな言葉を大熊監督にかけます。

大熊さん、白髪というか、
ナイスミドルっぽくなってきましたね。
ベンチの前が様になっている。言われません?

白髪が増えたっていう意味か!?後半の「様になっている」は明らかに「白髪」のくだりをフォローしていましたよ。

金田氏の質問を大熊監督は…

いや。

全否定でした(^_^;)

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-Season 2014, サッカー解説, 大宮アルディージャ

Copyright© orange united , 2017 All Rights Reserved.