大宮アルディージャのサポーター目線で気がついたことなどを思いのままに記録しています。

orange united

Season 2014 大宮アルディージャ

2014年J1第16節鹿島×大宮戦:金田喜稔氏「勝てなかったけれど、追いついたのは大きい」

更新日:

アウェイ鹿島戦はまたもやドロー

前節、ホーム広島戦に続き、今回もビハインドを背負いながらのドロー。前半はシュートが打てない。守りきれない。

ビハインドをなんとか追いついても、勝ち切れない。

少しでも勝ち点が欲しい順位だけに、素直に喜べないと思います。

とはいえ、苦手とする鹿島相手に、しかもアウェイ、カシマスタジアムでの勝ち点1。強豪相手に、最低限の仕事をしたと割り切るしかなさそうです。

さて、今日のゲーム解説は金田喜稔氏。
彼のコメントを、コンパクトにまとめてみました。

勝ち点1は前向きに捉えられる

前半シュートゼロ。でも、後半は早い段階からシュート2本打てた。後半はシュートにもっていく回数も増えたのではないか。

ビハインドを背負いながら、しぶとく追いついた。アウェイで勝ち点1を獲れた。勝てないにしても追いついたということへの評価はあるのでは。

勝ち点1は前向きにも捉えられる。

前節も前半と後半まったく違ったサッカーをして、ビハインドを追いついた。今回も二回ともビハインドを背負いながらの勝ち点1。

ちょっとエンジンがかかるのが遅い気がするけれど、先行されたゲームでの勝ち点1をとれた。

大宮の反省点

リスタートから前半のうちに得点を取られて悔しい思いをした。

そこは大宮はなくさないといけない。でも、逆にリスタートから二点獲っている。見事だった。

まとめ

スタジアムに来ていたジーコに「今日は不運だった」と言わせた大宮に軍配が上がったといえなくもありません。釈然としませんが、そう思うことにします。

次節、ホーム徳島戦は、気持よく勝ちきりましょう。

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-Season 2014, 大宮アルディージャ

Copyright© orange united , 2017 All Rights Reserved.