大宮アルディージャのサポーター目線で気がついたことなどを思いのままに記録しています。

orange united

サッカー解説 大宮アルディージャ

大宮は本当にJ2優勝できるの?城福氏「ボランチを経由してビルドアップができていない!?」

投稿日:

2015年J2第7節千葉×大宮戦2-0の完敗。J2優勝…できる!?

いよいよエース家長も復帰。ムルジャもこれから!これで連勝に向けて大きく前進!と期待していましたが、結果はご存知のとおり2−0の完敗でした。

今シーズン。
大宮の目標は、J2優勝!だったはず。

だからこそ負けるのは、J1で戦っていた去年よりもイヤ!!
正直、嫌味のひとつやふたつ言いたくなってしまいます。

ものすごくポジティブに捉えるならば、千葉の出来があまりにも素晴らしかった。
前線からのプレッシャーが効いていました。

ムルジャの元同僚、ペチュニクも決してサボらなかった。
今日に限っては、ジェフを褒めるべきなのかもしれません。

さて、大宮は何がうまく行かなかったのでしょうか。渋谷監督と、CSで解説をしていた城福浩氏のコメントをまとめてみました。

5411241926_e86d1d71d3
photo credit: ??? via photopin (license)

ボランチを省略しないと攻撃ができない

ボールを途中でビルドアップするときに、ボランチ経由を放棄してというか、サイドチェンジに切り替えてからシュートできるようになりましたよね。
大宮はビルドアップして攻撃するのができなかったです。

つまり、ジェフのプレッシャーが早すぎて、ボランチのところでボールが持てず落ち着けなかったのが敗因のひとつと言えるでしょう。

ボランチを経由して攻撃を組み立てることができなかった…。そう捉えて良さそうです。

スローインからの失点が軽率だった

渋谷監督は、一失点目についてこうコメントしています。

スローインからのワンプレーで失点してしまったのは非常に残念です。スローイン1つにしてもトレーニングが大事だと、私自身あらためて感じさせられました。

大山と渡邉大剛が選手交代した直後のスローイン。VTRではそのシーンは映像に映っていませんでした。さぁ、これから!というときに軽率なプレーを犯してしまったのでしょうか。

渋谷監督の手腕が問われるのはこれからか…

再び、城福氏のコメント。

個のレベルはサブのメンバーを見ても、昇格争いするチームだという気がします。
あとは家長が戻ってきた時に、ムルジャと家長(が点に絡むというプレーの)逆算で(相手の)守備のバランスを崩させる…。そういうチームを作っていくのか。そこは渋谷監督の手腕を問われますよね。

つまり、家長とムルジャ頼みになっているというわけです。

個で戦う大宮に対し、チームで戦う千葉。どちらが強いのかは、言うまでもありません。

J1に昇格するためには、個もあり、チームとしての意思統一も必ず必要です。
今のままでは、J2のミドルクラスのチームには勝てても、昇格争いをするチームにはなかなか勝てないという。そんな厳しい現実が

まとめ

前半ボロボロ。後半にはいるとようやく…。毎回、エンジンがかかるのが遅すぎます。
これだけでも修正できないものなのでしょうか。

今節は後半もボロボロだったわけですが…。優勝するためには、このままでは納得できません。

J2は一年で抜け出さないと、ムルジャや家長などレベルの高い選手は、待ってはくれません。J1に昇格するためには、個もあり、チームとしての意思統一も必ず必要です。

今のままでは、J2のミドルクラスのチームには勝てても、昇格争いをするチームにはなかなか勝てないという。そんな厳しい現実に、すでに直面していそうな気がしてなりません。

まだまだ楽観視できそうにはありません。

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-サッカー解説, 大宮アルディージャ

Copyright© orange united , 2017 All Rights Reserved.