大宮アルディージャのサポーター目線で気がついたことなどを思いのままに記録しています。

orange united

少年サッカー

ゴールデンエイジ期に運動能力を加速させる方法 その2[少年サッカー]

更新日:

さてさて、前回の続きについて書かなければいけませんね。今回は「どうやって子供をほめてあげるべきか…」についてです。
Soccer Kids
Soccer Kids / chipgriffin

ほめる技術については、コーチング理論も含めていろいろとあります。どのようにして褒めるべきか、主な記事からまとめて箇条書きにしてみました。

スポンサーリンク

正しいほめ方とは

タイミングよく、ほめる。
想いを込めて、ほめる。
短所を、ほめる。
心から、ほめる。
より具体的に、ほめる。
頭を撫でて、ほめる。
すぐに、ほめる。
相手の関心を見抜いて、ほめる。
最適な場所と時間に、ほめる。
重要感を与えるように、ほめる。
絶対的な評価で、ほめる。
第三者を活用して、ほめる。

うーん、結局こんなにあると、覚えきれませんね。
ただ、どれも共通して言えるのは、

心から、ほめる

というもの。心からほめれば、「パパやママは自分のことに関心があり、理解してくれている」と子供が思うでしょう。
つまり、それは

重要感を与えるように、ほめる

ことと同じです。どうせなら、

頭を撫でて、ほめる

と、ますますやる気が出るのかも。

前回も書いたように、ゴールデンエイジ期の子供は、マズローの欲求段階説でいう「承認欲求(尊重されることを求める欲求)」のレベルにいます。
この承認欲求を満たしてあげること、つまり、重要感(自己尊重感、自己信頼感、自立性)を持たせることが、能力をいかんなく発揮することになるのです。

関連記事:ゴールデンエイジ期に運動能力を加速させる方法 その1[少年サッカー]

▽サッカー子育てには欠かせない名著です▽

All About

GoogleAdSense

GoogleAdSense

関連コンテンツ広告

-少年サッカー

Copyright© orange united , 2017 AllRights Reserved.