大宮アルディージャのサポーター目線で気がついたことなどを思いのままに記録しています。

orange united

少年サッカー

DFラインを高速で上げるU-11のチーム力にビックリ

更新日:

3連休の最後は、次男坊の練習試合に当番で帯同しました。U-11トレーニングマッチ、つまり小学生5年生以下の練習試合です。

訪れたのは、埼玉県杉戸町立和泉小学校。さいたま市にある我が少年団にとって、いつもの遠征の中でも比較的遠い場所にあるところで、車で一時間ちょっとかかりました。
PANO_20130715_154532

周囲は田んぼに囲まれており、トトロが出てきそうな、のどかで良い町でした♪
私も両親の実家が田んぼだらけの田舎なもので、こういう場所はどこか落ち着きます。

釣り好き&虫好きのKさんに「このへんにクワガタがいっぱいいそうだね」と話したら、その後周囲を散歩したみたいで「全然いないじゃん!騙された〜っ」と冗談で怒っていましたが、そこはまぁご愛嬌ってことで^^;

試合までの待ち時間が長かったので、私も近くをランニング。小学校から2キロほど走ったところに、江戸川が流れておりまして、誰もいない土手の上でしばし休憩していました。
PANO_20130715_152514
近くには酪農を営んでいる民家があるためか、時折、牛のニオイがしていましたが、そよ風ゆらゆら。知らない町を走るのは新鮮だし、本当に気持ちがいいですね。

練習試合で対戦したのは、いずみ、武里、吉川ホワイトシャーク、柳崎、FCリアンという少年団さん。普段、対戦しないチームでしたが、どこも本当に良いチームばかり。子供たちはみんな一生懸命戦っていました。

最後に一本だけ副審をさせていただきました。チーム名を失敬してしまいましたが、たぶん、吉川ホワイトシャークさんだったかと思います。
そのチームはディフェンスラインの上げ方がものすごく早くて、付いて行くのがやっと。3分ぐらいで汗だくだく。みんな集中していて、ディフェンス陣のラインがキレイに統一されていました。小学5年生以下でもあんなプレイができるなんて…と驚きの連続でした。

同時に、あまりの速さに付いて行けず、副審の私は1つだけオフサイドを見逃したかなぁ〜とおもいます。そこは反省。やっぱり副審も試合前のアップは必要です。

我がチームは、最初のうちは善戦していましたが、最後の試合FCリアン戦で集中が切れてボロ負け。4-0だったか、3-0だったか覚えていないけれど…。待ち時間が2時間空いたためでしょうか。コーチはオフザピッチの過ごし方について反省を促していましたが、まったくそのとおり。サッカーをやっていないときの態度や過ごし方は、試合に影響するんですね。

同じ事は何回も注意されているんですが、子供たちはなかなか覚えない様子。言われたことを何回も…。自分の息子もそうですが、根気よく教えるしかないのかもしれません。

↓ いつもポチっと押してくれてありがとうございますm(__)m ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-少年サッカー

Copyright© orange united , 2017 All Rights Reserved.