Season 2014 大宮アルディージャ

W杯真っ只中に始まった曰くつきの「嬬恋キャンプ」。今年は去年と何が違うのか、初日レポで推察する。

更新日:

寝不足
寝不足です。W杯のせいです。
でも、大宮のことも忘れてはいませんよ。

嬬恋キャンプ。やってますね。

場所はここ。嬬恋村運動公園。

去年はこのキャンプが節目でした。悪い意味で。ベルデニックの練習がきつかったんですものね。チームが分裂した要因となったキャンプです。心配です。今年はどうなんでしょう。去年と今年の嬬恋キャンプ。初日だけですが、違いはあったのでしょか。

嬬恋キャンプセレモニー挨拶

まずは、熊川栄嬬恋村村長さんのお言葉。
J1優勝を目指してほしい(2013年)
トレーニングに励み、成果を持ってキャンプを終えられることを祈念いたします(2014年)

「優勝してほしい」という強い激励から、キャンプがうまくいくよう「祈念する」という願いへ…。う〜ん、なんだか激励の熱気が違いすぎます。

続いて、黒岩忠雄嬬恋村議会副議長のお言葉。
必ずやチャンピオンになっていただきたい(2013年)
リーグ戦後半戦に期待しています(2014年)

こちらもどこか他人事みたい。温度差があります。あくまでも去年と比べると…なんですがね。

キャンプ初日の練習は?

練習内容はどうだったんでしょう。

2013年はこうでした。

  • ウォーミングアップ
  • フィジカル系サーキットトレーニング
  • ポゼッショントレーニング
  • 対人プレーのトレーニング
  • 約2時間の密度の濃いトレーニング

これは初日というわけではありませんが、

2部練習と練習試合の続くハードな1週間

と公式サイトには表現されていました。

2014年はこうです。

  • サーキットトレーニングを兼ねた40分間のペース走
  • 体幹トレーニング
  • コンディション調整を中心とした約1時間のメニュー

※数の違いはありますが、当然今年もウォーミングアップはしているでしょう。。。

大熊監督曰く、

まずは全員がもっと走れるようになること

が、目的となっているようです。

okuma

初日レポから判断する限り、去年との違いはこうでしょうか。


去年は、走ったうえでボールを扱った練習を一日で実施した。
今年は、走ることに終始した。

去年の嬬恋キャンプでは、練習量の多さからチーム崩壊が起きたと噂されていました。今年の練習量は、去年と比べるとゆったりしていそうですが、これが吉と出るのか凶と出るのか…。

いずれにしても、残留をしっかりとモノにしてもらいたいものですね。

photo credit: Ansel Edwards Photography via photopin cc

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-Season 2014, 大宮アルディージャ

Copyright© orange united , 2017 All Rights Reserved.