Season 2017

衝撃の石井監督就任!その一方で…

更新日:

スマホの画面を二度見してしまった。

このタイミングで、伊藤監督を解任!

しかも、昨年鹿島を率いた名将、
石井正忠氏が大宮の監督に就任!?

残り3節で監督を解任するとは、前代未聞だ。

大宮サポーターはもちろんだが、
何より選手たちこそが度肝を抜かれるほど驚いただろう。

スポンサーリンク

GoogleAdSense

勝者のスピリットを植え付けよ

石井監督は、ジーコスピリットの継承者だ。
そんな彼の手腕に期待しないわけがない。

彼が大宮に足りなかった「勝者の精神」を
根付かせてくれたら、どんなに素晴らしいことか。

万一、残りの試合を連勝し、
奇跡の残留を実現したら、
石井監督を神のように扱うことになるだろう。

逆に、大宮が降格の辛酸を嘗めたとしても、
来季のことを見据えた人選だと
ポジティブに捉えることができる。

今シーズン、サポーターの鬱憤と怒りが、
ホーム最終節のセレモニーで爆発することは、
これで、なくなったのではないだろうか。

それほど、石井監督への期待は、とてつもなく大きい。

大宮の宝を失う悲しみ

だが熱心なサポーターにとっては
複雑な心境でこのニュースを捉えたのではないだろうか?

今シーズン、大宮は2人の監督を解任した。

渋谷洋樹と伊藤彰。

いずれも大宮にとって
重要なタクトを握ってきた人物だ。

それだけではない。
彼らは大宮の宝だった。

フロントは指導者として
長い間、この2人をを育成してきた。

だが、プロの世界は厳しい。

トップチームで不甲斐ない結果が出ると
手塩にかけて育てた指導者を、容赦なく切る。

フロントに悪意はないだろう。
結果論として、そうなっただけだ。

でも、どこか寂しい。
それが、本音だ。

遅すぎた強化部長の解任

今回解任された松本強化部長も
大宮を支えてきた重要人物だ。

だが、家長と泉澤という重要ピースを引き止めることができず、
調子の上がらないネイツとムルジャを残し、不満ですか?と息巻いた。

結果、今シーズンの低迷を招いた責任は、大きい。

強化部長の批判の声が高まったのは、当然のことなのだろう。

でも、彼も、大宮のために戦ってくれた選手だった。
スタッフになってからも、大宮を強豪にしたいと思いめぐらせていたはずだ。

最近では、マテウスを大宮に連れてきてくれたことも忘れてはならない。

だからこそ、彼が悪者になるのは、やっぱり寂しい。
解任が、遅すぎただけだった。

まとめ

とにかく、残り3節しかない。

この短期間で石井監督が
どう立て直すのか注目しなければならない。

その一方、渋谷氏、伊藤氏、そして松本氏の行く末を静かに応援したい。

彼らがまた、Jリーグを盛り上げてくれることを、心から願っている。

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-Season 2017

Copyright© orange united , 2017 All Rights Reserved.