Season 2017 大宮アルディージャ

大宮アルディージャの2017年流行語大賞に輝いたのは…

投稿日:

白井コーチや海本さんがチームを去ることになったものの、
石井監督続投が決まり、ヨンチョルも結婚。

たったこれだけでも、
陽光が射してきたみたいだ。

ジョージハリスンだったら
「Here Comes The Sun」を歌っちゃうのかな。

とにかく、大宮を応援する気持ちは永遠に変わらないんだよなぁ…。

さて、巷では江坂が柏にいるだけで大騒ぎになったりしてて、
いよいよストーブリーグも開幕して盛り上がりそうだけど、
2017シーズンは大宮の未来のためにも忘れちゃいけない。

そんなわけで、今シーズン印象に残った言葉、
いわば流行語大賞的なものを備忘録として残しておこう。

スポンサーリンク

GoogleAdSense

不満ですか?


年頭、サポーターズミーティングで
松本元強化部長が発言したお言葉。

出典元はこちらから。

資料の24ページ目に記載がある。

主力である家長と泉澤を放出し、
不調だったネイツとムルジャを残留させたことに対する発言。

2017年シーズンの低迷は、すべてこの言葉から始まった。

大宮の驕り…だったのかもしれない。

家長ロス


実は家長は残留を希望したにもかかわらず、大宮が過小評価し、
契約延長に失敗していたという報道を知って、
家長ロスが再発してしまった人もいたのではないか。

移籍後、念願のタイトルを川崎Fにもたらしたアキ。

 

彼にとっては最高の結末だったかもしれないが、
大宮にとっては最悪の結末が待っていたとは、実に皮肉だよなぁ。

渋谷解任


積み上げたものを信じろ〜ってチャントがあるけど、
積み上げてきたものが崩壊する光景を目の当たりにしたんだよね。

渋谷さんの解任劇は、仕方ないことではあるが
大好きな監督だったからちょっとショックだったな。

日立台での出来事は、とても残念でした。

岩上タオル


彼にしてみれば、数少ない出番だったかもしれないが、
岩上のロングスローは、見ていてとてもワクワクしたものだ。

岩上だけじゃなく、他のチームメイトが
彼の代わりにボールを吹いてあげるシーンはいつ見てもいいよね。

「岩上タオル」とは、大宮サポの期待を一同に集めた希望の言葉だ

バルサ伊藤


結果的にチームを救うことはなかったが、
バルサのように攻撃的なサッカーを志向した伊藤監督。

賛否両論があるのは知っていたが、
ひょっとしたらバルサのようになるのかも!って
妄想したファンは多いはず。

アキラ100%


伊藤監督就任直後は勢いに乗じて勝点を積み重ねた。
そんななか彼を鼓舞する言葉。

たしかゲーフラかフラッグにも登場したよね?

徐々に引き分けの試合が多くなっていき解任に追い込まれたが、
個人的には、伊藤さんの人間性は好きだったなぁ。

人材流出


渋谷さん、伊藤さん。
今季2人の監督を解任した大宮。

しかし、彼らは大宮が育てた重要人物であった。

トップで結果が出なかったら、首を切られるプロの世界。

当たり前のことなんだけど、
サポーターはどこか煮え切らない気持ちになった。

いつかまた戻ってきてほしいな…。

無敵大宮問題

今シーズンはロスタイムに同点弾を浴びることが多かった。

勝利を確信してチャントする「無敵大宮」のコールが
容赦なく打ち砕かれていった。

勝利を確信できない状況下で「無敵大宮」を歌うのか、歌わないのか。
大宮サポーターの間で論争となった。

いずれにしてもオレンジャーやコールリーダーの
苦労を察することはできた。

まさかの5億

シーズン終盤にリリースされたニュースから。

夏にはFWマルセロ・トスカーノ、MFカウエら5億円(推定)を投じてブラジル人を補強したが、日本人とかみ合わない。

出典元:【大宮】家長ロス補えずまた降格

35億…ではないけど、まさかの5億。
とんでもない補強費に度肝を抜かれた。

全員坊主じゃぁあ!

あまりにも勝てない選手に、ゴール裏のサポーターがヤジった言葉。
ヤジではあったが、ユーモアもあった。

前日、Oleアルディージャで放送された内容(高校は部活だったトーク)に
リンクしたので、聞いた瞬間笑ってしまった。

わかる人にだけ、わかるやつです。

失意の6連敗。ゴール裏は茫然自失「全員坊主じゃああああああ!」の声

Contents1 2017年 J1第6節 大宮 0-2 神戸2 渋谷監督のコメント2.1 イメージがずれている2.2 監督記者会見3 解説:三浦俊也氏「2人の中心が抜けた穴が大きい」4 まとめ 20 ...

続きを見る

茨田ゴール

ホーム、さいたまダービー。
強烈な茨田の一閃。

間違いなく、今シーズンのベストゴールに認定したい!

あの試合が今季初勝利でもあった。
あのファイトがなんで続かなかったのだろうか…。

降格した後、浦和サポから、
大宮勝ち逃げって揶揄されたっけな。

すべてをぶつける
大宮、蘇生。ダービーで首位浦和に起死回生の一撃!

崩壊か蘇生か。渋谷監督の真価が問われた決死の一戦。さいたまダービーという大一番で、ついに堅守大宮が息を吹き返した。 UMCエレクトロニクスプレゼンツマッチ 2017明治安田生命J1リーグ第9節・浦和レ ...

続きを見る

シュート打て

第4節、荒れたゴール裏、アウェイ甲府戦。
連敗続きの大宮に苛立って発生したチャント。

<div class="inyoumodoki">
あの…「シュート打て」っていう声ですか。
本当にそのとおりだなと思う…。
</div>

渋谷さんも、あまりの不甲斐なさに、
認めた一節でもある。

しかし、この日以来、
このチャンとは封印された。

ついに5連敗。渋谷監督「"シュート打て"はそのとおり」。秋田氏「決して悲観的なものではない」

Contents1 2017年4月1日 J1第5節 鹿島戦 0-12 渋谷監督のコメント2.1 守備はよくやった。ただ、前への意識が足りない2.2 「シュート打て」という声は本当にそのとおり3 解説: ...

続きを見る

降格拍手

ホーム最終戦。
J2降格が決定したその日、ゴール裏挨拶時に拍手が起きた。

人によって解釈は異なるけど、
大宮サポの勝利への執着心が問われる瞬間だった。

この日、実況を担当した倉敷さんからは

南米だったら物は投げ込まれたり、
酷いことになっていると思う

と言わしめた。

降格決定後、実況と解説者が大宮サポに語りかけたこと

先日のホーム最終戦でJ2降格が決定した大宮。 当日、実況を担当していた倉敷保雄氏(以下:倉)と サッカー解説者松原良香氏(以下:松)が 大宮サポーターたちを叱咤激励してくれていた。 最終戦前の酒の肴と ...

続きを見る

火の栗石井

絶体絶命の大宮。
残り3節を託された石井監督。

大宮サポーターの間では、
火中の栗を拾ってくれた感謝がかなり大きい。
来年の立て直しを願うのみだ。

呼び捨てにしてすみません。

MCMトリオ

マテウス、カウエ、マルセロのブラジル人トリオの活躍を称した言葉。
ホントはもっと躍動するところが見たかったな。

 

まとめ

今シーズン、印象に残ったほとんどが
暗く、悲しい言葉ばかりだった。

強いていえば、ダービーで負けなかったことが唯一の救いかな。

来季のJ1昇格を祈願して、

に一票を投じておきたいが、
一年を総括するとやはりこうなるだろう。

来年は、うれし涙を流したいな。

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-Season 2017, 大宮アルディージャ

Copyright© orange united , 2017 All Rights Reserved.