Season 2019

寒さに震え、頻尿にもだえ、奥抜に光を見たプレシーズンマッチ

更新日:

スポンサーリンク

こんな大事な日に大雪なんだ!ふざけるな低気圧っ!!!!
当初、ヤキモキしたが、試合が始まるのと同時に奇跡的に雪がやんだ。 体に鞭打ってスタジアムに足を運んだ、せめてものご褒美だ。

とはいえ、極寒のスタジアムでの観戦はやはりきつい。

こんなこというのもアレだが、 年齢を重ねると、とくにかく寒さがこたえる。

おしっこスパンが、マジか〜というくらい近くなる。 サッカー好きに頻尿症状は、まさに、たまらない。

ゴール裏でのジャンプなどもってのほかだ。

地蔵と非難されそうだが、それでも気持ちだけはホットゾーンだ。 ぜひ、オッサンには温かい目でみてほしい。

松本のサポーターは、Jリーグの宝

そんな地蔵な私を叱咤するように、 松本山雅のサポーターはパワフルだった。

雪のため試合の開催が微妙だったにもかかわらず 遠く大宮の地にまで足を運び、声を枯らす。

威圧することなく、声援や応援に徹する。 そう、彼らはサポーターの鏡だ。Jリーグの宝なのだ。

大宮にも負けてほしくない。 だからチャントは、年齢に関係なくわかりやすいほうがいい。

今井と岩上がパス交換していた。元大宮の選手が活躍するのはうれしいものだ。

奥抜に大化けの予感

さて、肝心の試合内容だが、 プレーの印象が残ったのは、以下の面々。

1試合目:奥抜、フアンマ、石川、菊地、大前、大山、酒井。 2試合目:茨田、小島、小野、バブンスキー、河本、奥井、山越、高山、塩田。

なかでも奥抜は、抜群におもしろかった。 きっと、近い将来、化けるはず…と、あそこにいた全員が思ったのでは?

A代表に呼ばれたら、みんなで言おう。 俺たちが育てた!と。

途中出場ながら個人的MOMの奥抜が照れ笑いしながら、バックスタンドの声援に応えていた。

フアンマは、評判どおり安定感バッチリ。 ボールを収めるし守備をサボらない。

たぶんパーフェクトではなかったかもしれないが、 石川もかなり効いていた。

2試合目も見応え充分。 小野が、折々で観客を沸かせていた。

小島も、ずいぶんたくましくなっていた。三門、大山、小島、小野、茨田…中盤の選手層はかなり厚い。

失礼ながら、高山の成長ぶりに驚いた。

塩さんに何度も褒められていたとおり、 だいぶ、安定感とたくましさを感じられた。

これらのメンバーに三門やシモビッチも加わる。 どんな化学反応が起きるんだろう。

開幕が、楽しみで仕方ない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酒とロックをフォローしよう!

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-Season 2019

Copyright© orange united , 2019 All Rights Reserved.