「Season 2017」 一覧

1点リード時の無敵大宮は○○にすべき!?痛恨のロスタイム失点に冷たい雨が降り注ぐ。

2017/09/17   -Season 2017

スポンサーリンク うん、うーーーーーん。なんとも受け入れがたい結果だ。 ゲーム終了後、ブーイングが起きていましたね。 個人的には、ゲーム自体はそこまで酷いものではなかったと思います。何が残念だったかっ ...

消極的

正直な話、残留は相当厳しいかも…あぁ鹿島戦。

2017/09/10   -Season 2017

現地組サポーターの皆様、本当にお疲れ様でした。 生ぬるい応援でスミマセン、私、DAZN(ダゾーン)観戦でした。 とはいえ、DAZNで観ていると、ゴール裏からでは気が付かないことがたくさんありました。 ...



這い上がれ、長谷川アーリアジャスール。

2017/09/07   -Season 2017

VAMOSを読み終えた。 今回、最も印象に残ったのが、長谷川アーリアジャスールの記事。 今、最も喘ぎ苦しんでいるだろうアーリア。 いや、そんなことを言うと、彼に失礼だろう。でも、一度は日本代表まで登り ...

大宮よ、広島に負けなくてよかったかい?

2017/08/27   -Season 2017

土曜日の広島戦。大宮サポーターは歯がゆい気持ちを残したまま、帰宅したのではないでしょうか。 花咲徳栄といい、家長が活躍したことといい、大宮開催した西武ライオンズといい、埼玉にゆかりのあるチームや選手の ...

残留を手繰り寄せる貴重な勝利!歓喜と惜別の時間を共有した大宮サポーター。

2017/08/14   -Season 2017

絶対に落とせなかったJ1第22節、ホーム新潟戦。残留に向けての重要な一戦だっただけに、試合前からサポーターは相当気合いが入っていた。 もちろん私も、だ。異様な熱気の中、おっさんが歌う。おっさんが跳ねる ...



残留に危険信号か…。大宮の現実を直視した暑い暑い夏の敗戦。

厳しくなった残留への道…。サッカーダイジェストはそう大宮を捉えている。たしかにポジティブな試合内容とはいえなかった。 【J1採点&寸評】大宮1-2FC東京|途中出場から4分で結果を残した大久保をMOM ...

浦和サポと大宮サポの意地、主審のレベルの低さにスタジアム観戦の醍醐味を味わう。

ビジターチケットが手に入らなかった。だから浦和側から大宮を見守っていた。叫びたいのをグッとこらえてスタジアムにはいった。ちょっとしたスパイ気分だ。 さいたまダービーこそ、本物のダービーといえる試合だ。 ...

「君たちプロフェッショナルだよね?金もらってやってるんだよね」と激怒した伊藤監督に思う。

2017/08/02   -Season 2017

たとえば、サッカー選手のようなプロフェショナルな人たちは、調子の善し悪しは許されない。いかに一定のクオリティを保てるか。ここがプロとアマの違いがあるんじゃないだろうか。 とはいえ、人間誰しも調子の善し ...



痛恨のセットプレーから2失点。だけど気にするなマテちゃん!

2017/07/09   -Season 2017

助かった〜ぁああああ…とは、帰り際、札幌サポーターが話していた言葉。そりゃそうでしょう。ラスト一発のセットプレーで、まんまと同点に追いついたんだから。 はるばる北海道からNACK5スタジアムへ、わざわ ...

挑む伊藤大宮、ムルジャの涙、波戸さんのキック、ムラチョの観戦。なせか清々しさが残る一敗

伊藤彰監督になって初めての黒星となった横浜FM戦。 再び降格圏に陥落してしまったが、スタジアムは重々しい雰囲気に包まれることはなかった。 伊藤彰監督の攻撃的采配に好感 長いリーグ戦。負けることもあるだ ...

Copyright© orange united , 2018 All Rights Reserved.