サッカー用品

失敗しないベンチコートの選び方とは

更新日:

こんなベンチコートは絶対に選ぶな!

寒い時期のスポーツ観戦、どう思います?

Jリーグなどでゴール裏で跳ねまくって応援する分には、
寒さなど気合で乗り越えることができそうですが、
みんながみんな、跳ねているわけではありません。

特に子供のために当番で…なんて場合は、
自分が体を動かすわけではありません。
真冬の河川敷なんて、完全に地獄です。

|Neve|
|Neve| / edoardocosta

というわけでベンチーコートは 絶対に用意しておきたいアイテムです。
北風がビュンビュン吹こうとも ベンチコートさえあれば何とか乗り切ることできますよ。

スポンサーリンク

GoogleAdSense

お洒落より防寒!重要視すべき2項目とは

ベンチコートの市場価格は8千円〜2万円前後。
お値段はピンキリですが、 いずれも安い買い物ではありません。

ベンチコートの種類は多種多様。

どれを買えばよいのか分からず、 えーい、これでいいや!と
半ば衝動買いをしてしまうこともあるわけです。

でもご安心を。
ベンチコートを選ぶ際に 重要視すべきはふたつだけ

  • ダウン生地を選ぶべし
  • ファスナー部分をチェックすべし

たったこれだけです。

ダウン生地のベンチコートを選ぶべし

裏地が体に密着しないボア系のものや丈が短いベンチコートは絶対に選んではいけません。

↓こんなものだと凍え死にます!

冬の河川敷では、周囲に建物や障害物が少ないため北風が強烈です。
たとえばこんな感じ。

こうなると丈の長さは関係ありません。
冷風がベンチコートの隙間から入り込んできて、 まるで役に立ちません。

こんな中、子供のために じっとしていなければならないことを想像してください。

見た目ではレディース用のおしゃれな ロングコートのほうが良いかもしれませんが、
砂埃にもまみれ、強風に煽られ、やってられませんよ。 

体の密着性が高いダウン生地(モッコモコしたやつ)の ベンチコートを選ぶようにしましょう。

ダブルジッパータイプを選ぶべし

ベンチコートのファスナーに注目して選んでください。

下からも上からもファスナーを開けられるタイプだとかなり便利です。
いわゆるダブルジッパータイプというやつです。ダブルファスナータイプのベンチコート

 

たとえば、ベンチコートの中に ウエストポーチを着用することがあります。

ケータイを取り出すときに毎回ベンチコートのファスナーを外して 脱がなければならないと、かなり寒い思いをするはずです。

しかし、ダブルファスナーなら 下からサッとファスナーを開けることができますので、
ベンチコートを脱ぐ手間も省けます。

また、男性の場合、ベンチコートを着たまま 用をたせる…なんて利点も。

シングルファスナーは、 かならず前を全開にしないと行けません。
極寒の河川敷では、 この差が想像以上に大きいのです。

 

ベンチコートまとめ

というわけで、まとめ。

  • 密着性の高いダウンを選べ
  • ダブルファスナータイプを買おう
  • 丈は膝下(スネ)までのものがオススメ

あと、福袋で購入するってのも一手です。 こちらの記事も参考になればと思います。

オススメのベンチコート

GoogleAdSense

GoogleAdSense

-サッカー用品

Copyright© orange united , 2017 All Rights Reserved.